自 然 環 境 部 会

 

 設立以来熊野で、「よみがえれ森」と名づけた植林活動を継続しています。
 ここでは和歌山県熊野川町の協力に より枯れた松林を、昔の日本の森が広葉照葉樹林で覆われていたように、甦らせようという考えのもとに活動し、植林と下草刈りをしています。
 当初植えた木が 3メートルほどの大きさに成長し、何十年か後には、森に成長していることでしょう。
 KANTAの10周年記念植樹も熊野川町で行いました。今年高野山、吉 野山、熊野三山、およびそれに至る熊野古道がユネスコの世界遺産に登録され注目を浴びていますが、「よみがえれ森」もその一角を担っていると自負しておりま す。

その他には各地のナショナル・トラスト活動を展開している団体の行事に参加交流し、どのように活動をしているか等、現地を見学し研究しています。知床、天神崎、中池見湿原、鵜殿の葦原などの体験です。

まずは体験、見学したりすることから、よりトラスト運動というものが見えてくると思います。今までトラストの対象となる物件も何件か調査もいたしましたが、 なかなか適当な物件がないままにきてしまいましたが、新しい10年をむかえるに当たり何か良いトラスト対象を探しております。

会員の皆様からの情報提供、協力をお願いいたします。

これまでの活動
・2003年9月7日鵜殿芦原体験見学会
・2003年11月22日和泉葛城山ブナ林探訪

・2004年3月20日〜21日■熊野植林10周年記念植樹参加
自然環境部会活動報告
  
 ↓クリックすれば詳細がご覧いただけます
「よみがえれ森」熊野植林10周年記念植樹参加報告(2004年3月20日〜3月21日
特集「よみがえれ森」 −緑の山に彩る 心のオアシス−
鵜殿日記[ヨシ成長の記録調査]
特集「よみがえれ森林の文化」 −生命を生み出す水資源−
日本の風景
残しておきたい風景
屋久島探訪ツアー